上機嫌でいこう。

本とか、音楽とか。本は新書を読むことが多く、音楽はクラシックやサウンドトラックを中心に。映画やDVDも好きで見ています。

【まとめ】読書メーターまとめ:12月に読んだ本

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

◆新年の初Upは、「読書メーター」さんで作成していただいている12月の読書の「まとめ」から。先月はいろいろ食い散らかしてみたものの、読了できたものが少なかった。

◆今年も最低読了ラインを50冊として勤しみたいと思っています。

 

2016年12月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1072ページ
ナイス数:401ナイス

街場の大学論  ウチダ式教育再生 (角川文庫)街場の大学論 ウチダ式教育再生 (角川文庫)感想
07年単行本、10年文庫本刊。古くは2000年から、新しくは2010年の対談までを収める。特に前半は、少し古くなったかなという感は否めない。内田さんは、一貫して教育の現場への市場原理の過度な介入を忌避し、また批判をしている。本著の基調もここにある。人間の知的パフォーマンスを上げるのには、ある種の「気持ちのよさ」が必要であることについても首肯できるところ。読んでいて、そうだそうだと納得させられ、ちょっと元気が出てくる。教育の現場に思いをはせると、そうも言ってられないのだが。
読了日:12月5日 著者:内田樹


池田晶子 不滅の哲学池田晶子 不滅の哲学感想
「不滅の哲学」という表題からは、得てして池田の哲学が不滅の価値をもつもの、という意味を読みとってしまうと思うのだが、そうではなかった。著者の若松さんは、池田のコトバを引いて、コトバ、存在、魂の永遠にして不滅の相を解き明かそうとしていた。いわば、「不滅」そのものを表現しようとしていたのではないか。ある曲のタイトルのような「滅せざるもの」や、「破壊され得ぬもの」として表記しようとした軌跡である。希有の書といってもいい。
読了日:12月5日 著者:若松英輔


大世界史 現代を生きぬく最強の教科書 (文春新書)大世界史 現代を生きぬく最強の教科書 (文春新書)感想
『新・戦争論』に続く、池上・佐藤本の第二弾。このあと、第三弾の『新・リーダー論』が出ているので、慌てて2冊とも購入し、こちらを先に読んだ。世界史を学ぶのには、「世界史A」を学ぶといいというのが収穫。続いて、『新・リーダー論』を読む予定です。
読了日:12月7日 著者:池上彰,佐藤優


新・リーダー論
大格差時代のインテリジェンス (文春新書)新・リーダー論 大格差時代のインテリジェンス (文春新書)感想
サルコジやトランプ、プーチンなどを考察。いつもながらの博識ぶりに舌をまくが、心に残るかと言えばそうでもない。情報の羅列であるから、すぐに陳腐化してしまうだろうし、言ってみれば「深み」がないのだ。
読了日:12月11日 著者:池上彰

読書メーター

きのうきょう:弟、年末年始の外泊は無理っぽい

◆昨日(12月27日)、母が入院中の弟くんに着替えを届けに行った。

◆外に連れ出してコーヒーを飲んだそうだ。

◆その最中、やはり周りから「監視されている」などと訴えていたという。

◆今日は今日で、私が届け物をして弟くんに会っているのだが、調子がよくなさそうである。体重も落ちているのではないか。

◆また近日中に、母が病院に出向く様子なのだが、この年越しの外泊は、どうやら無理の様子である。本人も外泊を希望しているわけではないという。慌てることはない。ゆっくり休め。

◆今日、私が病院に行ったのは自分のカウンセリングと診察があったからだ。

◆先日の空き巣騒ぎのことについても話をしてきた。どうしても、私が在宅であったら、この被害はなかったのではないかという思いが拭えないし、些細な物音で不安になったりする。

◆また、私は自宅のアパートに戻った時に、出火しているのではないかと思ったりすることがある。楽しむことはよくないこととして、自罰的であるのだ。

◆こういったことを、カウンセリングで話したところで即座に解決するということではない。また、解決に向けてのアドバイスがあるわけでもない。

◆それでもなお、話をすることには意味があったと思われる。それは、意識の俎上に上らせることができるからである。

◆そもそも「不安」とは、その対象が不明確な場合に起きる反応である。こうした時には、こういうことが起きるだろうとすれば、少なからず「予防」ができる。そのためには、「意識化」されていることが必要である。

◆書いている最中、21:38頃、茨城を震源とした震度6弱地震があり、東京でも長く揺れた。被害がないことを祈りたい。

【レポート】Google Keepはいいみたい

◆おはようございます。外は強い南風。

◆今朝はGoogleのメモアプリ「Google Keep」について。Evernoteが「迷走」とも言えるようなポリシーの「改悪」を重ねているので、乗り換えを検討している方も多いはず。

◆機能が100%代替されるわけではないが、これはこれでなかなか優れたアプリだと考えている。やはりこの手のものは、ある程度量を書き込んでみないとわからないことが多い。

f:id:pinecone0316:20161227065057p:plain

 

◆初め、「リマインダー」としての機能を期待して使い出したのだが、いろいろ書き込んでみて、「チェックリスト」や「メモ」として十分使えることがわかってきた。

◆「ラベル」という機能が、Evernoteでの「ノート」を代替すると思われる。これを設定しておくとあとで見直す時に格段に便利になる。

◆もう一つ、意外なことであったが、写真にコメントをつけて「独りInstagram」として使えることがわかった。これは楽しい。

◆以下は、Appleへのリンクであるが、iPhoneをお持ちの方は試してみてはいかがだろうか。 

Google Keep - メモとリスト

Google Keep - メモとリスト

  • Google, Inc.
  • 仕事効率化
  • 無料

 

 

Instagram

Instagram

 

きのうきょう:映画は見送り

◆入院中の弟くんを母が見舞ってきたようだ。そろそろ年末年始の外泊のことについて、結論が出る頃だと思う。

◆今日は映画を見てきたかったが(『この世界の片隅に』)、財政難と風邪気味だったので、見送ることにした。風邪薬を買ったら、映画1本分のお金が消えてしまったw

◆34枚組のバレンボイムワーグナー・オペラ作品集も、今日で最後の1枚を聴き終わる。達成感はあるものの、今一つワーグナーの魅力には入り込めなかった。 

ワーグナー:オペラ全集

ワーグナー:オペラ全集

 

 

◆年末年始にかけてお金の出入りが激しいので、頻繁に予算を組み替えている。来月も厳しい戦いを強いられそうだ。このままでは、手持ちのCDを処分しなければならなくなる。

◆相変わらず、読書が再開できないでいる。習慣づいたものが一度途切れると、それを再開するのにはかなりエネルギーが要る。

◆今日は1つ、新しい試みを始めることができた。亀の歩みでいいので、続けられるようにしたい。

憂愁さんちのいろんな事情(1)

f:id:pinecone0316:20161226031308j:plain

 

◆これから折に触れて、「憂愁さんちのいろんな事情」として家族史、~と言っても私が生まれてからのことがほとんどだが~、を綴っていきたいと思っている。

◆私が書き留めなければ、誰にも知られることのない、父母の物語が綴られればいいなと考えている。

◆私の父方の祖母Sは大正3年、父Yは昭和8年、母Kは昭和15年の生まれで、母はおかげさまで今も健康すぎるほどである。

◆父には、男兄弟が4人、女姉妹が2人いる。上から2番目にあたるのだが、どうも「長男」らしい。その違和感は、叔父の葬儀に際して、ウチが何かにつけて「本家」呼ばわりされていたことで合点がいった。

◆私の祖母Mには姉Mがいた。仏壇の過去帳に記載があったのだ。どうも、この姉Mは祖父Mの妻だったらしいのである。その間には子M(Mが続くw)がいた。その祖母の姉Mの死没のあとで、祖母Mが次の妻として迎えられたようなのである。

◆その後、父Yが生まれた。なので、父は「本家」の子息として育てられたのだと思っている。

◆そう考えると、叔父のMが「冷遇」されていたことも納得がいく。ウチは飲食店を営んでいたのだが、「本店」を父が継ぎ、叔父Mは、弟のYと共に「支店」に行かされた。

◆その「支店」はたいして立地条件もよくなく、経営のメインは、弟Yが任されていた。長男であるはずのMは、信頼されていなかったようである。

◆たぶん、このことは口外されずに、母Kは墓場にまで持って行くつもりでいるようだ。ならば、私も問わないでいようと思う。

◆次の回では、私の代の兄弟が生まれたあとのことを書こうと思う。

きのうきょう:そういえば、忘れていたこと

◆試しに「だ・である」調に戻してみる。

◆そういえば、19日は機種変で池袋に出かけたことの他に、大事件があったのを忘れていた。

◆忘れていたというより、体調が落ち込んで書けなかったということ。

◆池袋に行っていたのは、12:30頃から16:30頃。その間に、上の階の女性の部屋に空き巣が入ったということだった。

◆日が暮れてから、何やら表で人が出入りしている声がしていた。引っ越しなのかなと思っていたが、あまりにうるさいので外に出てみた。

◆すると、何人もの人(概ね男だ)がいて、一人の女性に応対している。お隣りの奥様も出てきて、「何かあったんでしょうか」。

◆少し立ち話をしていたら、どうやら「空き巣」らしいことがわかった。何てこった!

◆部屋に戻ってしばらくすると、警官が訪ねてきて、何時頃から部屋にいたかとか、物音や話声はしなかったかなどについて聞かれた。

◆収入についても聞かれたが、「そんなこと必要ですか」「じゃあいいです」「なら、最初から聞くなよ(心の声)」。

◆女性の出かけた時間は、私の記憶とほぼ一致していた。女性の不在と、私の不在がほぼ同じ時間帯だった。これが私の在宅の時間帯だったら、刃傷沙汰になっていたかもしれない。そう思うとゾッとする。

◆しかし、私が不在にしていたせいでこんな事件になってしまったのではないかと、いらぬ自責の念に襲われた。

◆そう言えば、あの大震災の日にも、部屋に女性を招き入れていた最中に地震が発生したので、その彼女を招いていなかったらこんなことは起こらなかったのではないかと思ってしまうのだ。

◆このあたりは、カウンセリングで解きほぐしていかないといけないと思う。

◆数日体調が悪かったので、書くのが今日になってしまったが、被害にあった女性には、心からお見舞い申し上げたい。

 

f:id:pinecone0316:20161225173516j:plain

Android端末の旧機種をセットアップ

f:id:pinecone0316:20161225055813j:plain

※ シャープさんのサイトから

 

◆おはようございます。丸2日爆睡していたので、今夜は寝つけませんでした。

◆で、近々退院するであろう弟くん向けに、古いAndroid端末(AQUOS PHONE)を再セットアップしていました。

◆弟くんは、長く統合失調症を患っていて、入退院を繰り返しています。これといった趣味もなく、自宅ではテレビを見るのがせいぜい。スマホ(電話はかけられないけど)の使い方を覚えて、メールと検索くらいできるようにしてあげたいというお節介をしている次第です。

◆器質的なものはもちろんあるとは思いますが、弟くんは家族を守るために働き過ぎて発症してしまったようなものなのです。なので、私ができることは、何であれしてあげられるようでありたいと思っています。