読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上機嫌でいこう。

本とか、音楽とか。本は新書を読むことが多く、音楽はクラシックやサウンドトラックを中心に。映画やDVDも好きで見ています。

読書メモ

『本を読む人だけが手にするもの』(藤原和博)を「見て」

こんばんは。 今日も図書館で何冊も本を借りてきました。例によって、「買う/(借りたものを)読む/返す」を判別するための流し読みをしています。今日取り上げるのは、藤原和博さんの『本を読む人だけが手にするもの』(日本実業出版社)、2015年10月刊で…

【古市くん、社会学を学び直しなさい!!】 8.本田由紀先生(教育社会学)/開沼博先生(社会学の将来)に聞く!:メモ

こんにちは。 『古市くん、社会学を学び直しなさい!!』についてのメモをUpしてきましたが、アクセスも落ちてきて、飽きられたのかなと思うのでw、この「メモ」は二人分まとめてUpしようと思います。 本田由紀先生に教育社会学を聞く! 社会を結びなおす――…

【古市くん、社会学を学び直しなさい!!】7.吉川徹先生に「計量社会学とは何か」を聞く!:メモ

おはようございます。 最近、3,4時間程度起きていては、2,3時間寝るのを繰り返すという生活をしています。11月くらいから、こういうパターンに落ち込んでしまいます。何とかならないかと思うのですが。 さて、今回も『古市くん、社会学を学び直しなさい!…

【古市くん、社会学を学び直しなさい!!】 6.橋爪大三郎先生(に「社会とは何か」を聞く!

こんばんは。 今朝方の地震、大きな被害とならずに胸をなでおろしました。さて、今回取り上げるのは、橋爪大三郎さんです。橋爪さんの著書としては 、次のものなど多数があります。 面白くて眠れなくなる社会学 作者: 橋爪大三郎 出版社/メーカー: PHP研究所…

【古市くん、社会学を学び直しなさい!!】5.鈴木謙介先生に「パブリック社会学の役割」を聞く!:メモ

こんにちは。 今回も表題の著書からの抜き書きをいたします。今回の対談相手は、鈴木謙介さん。存じ上げない方でした。次の著書があるようですね。図書館に予約してみようっと。 カーニヴァル化する社会 (講談社現代新書) 作者: 鈴木謙介 出版社/メーカー: …

【古市くん、社会学を学び直しなさい!!】4.山田昌弘先生に「家族社会学から見た日本」を聞く!:メモ

おはようございます。 『古市くん、社会学を学び直しなさい!!』からの4回めは。山田昌弘さんについての章です。山田さんの一番著名な本は、たぶんこれだと思います(未読ですけどw)。なお、今回は抜き書きの中から、これはと思ったものを一つ選んで太字…

【古市くん、社会学を学び直しなさい!!】大澤真幸先生に「社会学のチャレンジ」を聞く!:メモ

こんにちは。 話題になっている(と思われる)『古市くん、社会学を学び直しなさい!!』(光文社新書)からの抜き書き、3回めは大澤真幸さんの章です。 私がこの本を取り上げているのは、私自身大昔に社会学科に属していた(とても「学んでいた」とは言えな…

『古市くん、社会学を学び直しなさい!!』(光文社新書、2016年刊)を読みながら・2

こんにちは。 光文社新書の『古市くん、社会学を学び直しなさい!!』についてのメモの2回目です。ここでは、以下から太文字にしているお二方を取り上げます。 I 小熊英二先生(1962年~)に「日本の社会学」を聞く! II 佐藤俊樹先生(1963年~)に「社会学…

『古市くん、社会学を学び直しなさい!!』(光文社新書、2016年刊)を読みながら・1

おはようございます。 「話題の炎上コメンテーター」古市憲寿さんの新著『古市くん、社会学を学び直しなさい!!』(光文社新書)を読み進めています。以下、メモ的に内容をまとめたいと思います。 なお、本稿では取り上げられていた12人のうちの最初の3人を…