読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上機嫌でいこう。

本とか、音楽とか。本は新書を読むことが多く、音楽はクラシックやサウンドトラックを中心に。映画やDVDも好きで見ています。

10/14は、音楽家・バーンスタインの命日

今日は何の日 音楽家の命日

こんにちは。

今日は既に2本のUpをしているのですが、あわてて3本めのUpをさせていただきました。今日10/14は、今世紀最大の「音楽家」の1人レナード・バーンスタイン(1918年8月25日~1990年10月14日)の命日でした。

バーンスタインは、アメリカが生んだ最初の世界的な指揮者であるほか、作曲家・ピアニストとしても知られています。また、「ヤング・ピープルズ・コンサート」の企画・司会・指揮を通した啓蒙活動や、晩年の「パシフィック・ミュージック・フェスティバル」の創設といった教育活動にも力を注いでいました。「指揮者」とせずに「音楽家」としたのは、こうした理由からです。

一般には、ミュージカル『ウエストサイド物語』の作曲家として知られているでしょうが、この作品の映画化には携わってはいないようです。

まず、ディスクをご紹介しましょう。

ニューヨーク・フィル時代はCBSに録音をしていましたが、後年活動の拠点をヨーロッパに移すと、ドイツ・グラモフォンからディスクを発売するようになりました。中でも、ウィーン・フィルとのベートーヴェンブラームスや、3つのオーケストラを振り分けたマーラーなどは名盤として高く評価されています。取り上げるのは、そのうちのベートーヴェン交響曲全集です。 

9 Symphonies (Coll)

9 Symphonies (Coll)

 

 

この全集は、バーンスタインが遺した録音でも、最も成功したものの1つでしょうし、ベートーヴェン交響曲全集としても傑出していると言えましょう。

次は動画です。せっかくですので、映画『ウエストサイド物語』の冒頭部分もご覧ください。監督はロバート・ワイズです。


West Side Story - Prologue - Official Full Number - 50th Anniversary (HD)

 

もう1本は、ベートーヴェン「第九」です。オーケストラは、ウィーン・フィルです。


Symphony No. 9 (Ludwig van Beethoven)

 

先に触れた録音と同一音源です。溢れんばかりのバーンスタインの人間性に心打たれます。