読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上機嫌でいこう。

本とか、音楽とか。本は新書を読むことが多く、音楽はクラシックやサウンドトラックを中心に。映画やDVDも好きで見ています。

10/15は、指揮者カール・リヒターの誕生日

こんにちは。

今日10/15は、ドイツの指揮者・オルガン奏者のカール・リヒターが生まれた日です(1926年10月15日~1981年2月15日)。

リヒターは、バロック作品の演奏に優れた業績を遺しましたが、特にバッハの『マタイ受難曲』といった宗教曲では絶大な支持を集めており、この曲のトップクラスの名演として称えられています。

それでは、今回も動画とディスクをご紹介しましょう。

まず、動画です。「音楽の父」「大バッハ」として知られるヨハン・セバスチャン・バッハ(1685年~1750年)の膨大な作品群から、最も有名な一曲である『トッカータとフーガニ短調BWV565』です。あるコメディアンの、「ちゃらり~ん、鼻から牛乳♪」というギャグでも知られているかもしれませんね(笑)

 


J.S.Bach-Toccata e Fuga BWV 565-Karl Richter

 

次はディスクです。『マタイ受難曲』でもよいのですが、3枚組と長い曲ですので、『G線上のアリア』が含まれる曲として知られている『管弦楽組曲第3番』のディスクをご紹介します。

 

バッハ:管弦楽組曲第2番&第3番、ブランデンブルク協奏曲第5番

バッハ:管弦楽組曲第2番&第3番、ブランデンブルク協奏曲第5番

 

 

その音声を収めた動画と思われるのがこちらです。『G線上のアリア』として知られる旋律は、9分12秒くらいのところで出てきます。

 


バッハ: 管弦楽組曲 第3番 ニ長調 BWV1068 リヒター