上機嫌でいこう。

本とか、音楽とか。本は新書を読むことが多く、音楽はクラシックやサウンドトラックを中心に。映画やDVDも好きで見ています。

アクセス解析を試みる

こんばんは。

昨日から今日にかけて、私のブログとしては「記録的な」アクセスがあり、ちょっとびっくりさせられました。今回はGoogle Analyticsの解析を一部参照して、どんなことがあったのかを読み解いてみたいと思います。なお、データは「12-13日」と「14-15日」とを比較させました。

 

f:id:pinecone0316:20161015152500j:plain

 

・セッション 262.67%

「12-13日」(以下、A)に比べ、「14-15日」(以下、B)は大幅な増となりました。ピークが14日の0時台と7時台の2回あります。これは、いずれもモバイルサイトの「SmartNews」さんに掲載されたことが原因と思われます(=流入がSmartNewsからのものがほとんどだったことから)。

あいにく私は、そのSmartNewsアプリを持ち合わせていませんでしたので、どのような掲載だったのかを知るよしもないのですが、こうした偶然的な要素からのアクセス増なので、今後はこうしたアクセス増は見込めないものと考えざるをえませんw 次からの4項目についても、この「突発的な」アクセス増によることが原因の変化と思われます。

・ページビュー/セッション -19.36%

A→Bは、-20%近くとなりました。これは、一回のアクセスで閲覧いただいているページ数の推移ですね。これが「2」に満たないということは、一回のアクセスでは一ページしかご覧いただけていないということです。この数値が減ったということは、「一アクセスで一ページの閲覧」に、より近づいたということでしょう。

・平均セッション時間 -48.54%

また、閲覧していただいている(滞在していただいている)時間も大幅減となりました。つまり、一回で10秒そこそこしかご覧いただいていないということです。滞在時間が減っているので、当然の変化です。

直帰率 11.61%

これが増えたということは、一ページだけをご覧いただいたあと、他のサイトに遷移された率が増えたということです。

・新規セッション率 45.77%

これも大幅に増えました。Aでは40%近くあった「再訪者率」が減ったということです。つまり、初めて閲覧いただいた方が大幅に増えたということです。

以上を勘案すると、次のようなことが言えると思います、つまり

SmartNewsに掲載されたことによってアクセス数が爆発的に伸びたとはいえ、その内訳としては、

・生まれて初めて閲覧された方がほとんどであるが、

・数ページを閲覧いただいたわけではなく、

・一ページを「覗き見」しただけで他のサイトに遷移、

ということで、

・固定客としてはあまり見込めない数である。

 

ということになりそうです。こうしたことに、私は一喜一憂していたというわけです。もう数字に振り回されるのはやめにしよう、というのが今回データを参照してみたことから得た教訓ですw