読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上機嫌でいこう。

本とか、音楽とか。本は新書を読むことが多く、音楽はクラシックやサウンドトラックを中心に。映画やDVDも好きで見ています。

【四月は君の嘘・挿入曲】ヴァイオリン・ソナタ第9番『クロイツェル』

こんにちは。

今回から、DVD『四月は君の嘘』(アニメ)の鑑賞に合わせて、その中で使われている楽曲についてご紹介していきます。もっとも、「解説」まではできませんので、悪しからずご了承ください。

※Upしたと思っていたのですが、「下書き」として保存したままでしたww

1.ベートーヴェン/ヴァイオリン・ソナタ第9番イ長調作品47

劇中、藤和音楽コンクール・第1次予選の課題曲として使われた曲です。宮園かをりが初めて披露するヴァイオリンの曲。正確ながら退屈に感じられる他の出場者の演奏にあって、かをりの演奏はまさに「個性的」で、聴衆の心を捉えます。この演奏で、かをりは聴衆推薦枠で2次予選へと進むことになります。

動画:アンネ・ゾフィー・ムター(1963~)

YouTube動画は、現役最高峰の女流の1人、アンネ・ゾフィー・ムターの演奏をご紹介します。

 


Beethoven.Violin.Sonata.No.9.Op.47.kreutzer.[Anne-Sophie Mutter.-.Lambert.Orkis]

ディスク:ギドン・クレーメル(1947~)

ディスクは、旧ソ連邦出身の鬼才ギドン・クレーメルのものを選んでみました。この曲は、第5番「春」とカップリングされることが多いですね。10曲あるベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ中で、最も人気が高い曲です。 

ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」&第9番「クロイツェル」

ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」&第9番「クロイツェル」

 

けっこうな分量になってしまいましたので、「キラキラ星変奏曲」(モーツァルト)は、また明日のUpとしたいと思います。