読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上機嫌でいこう。

本とか、音楽とか。本は新書を読むことが多く、音楽はクラシックやサウンドトラックを中心に。映画やDVDも好きで見ています。

ブログについて思うこと・2

◆前回に続いて、今回も「ブログ」を書くことについて考えながら書き進めてみる。

◆私の場合、文を書く際にはあまり「構成」を考えずに、一筆書きのように、一呼吸で書いているような気がしている。もちろん、行きつ戻りつはあるが、吸う呼吸と、吐く呼吸がひと息に近い感じがする。

◆そうは言っても、やはり長い文、例えば原稿用紙で5枚とか、10枚とかを書いてみたいとは思っている。

◆要は「コンテンツ」なんだろうと思う。

◆自分の中に、2000字とか4000字とかを「語る」何事かが伏在しているかどうかが問題なのだと思う。

◆常日頃、インプットとアウトプットのバランスということを考えてはいるつもりだ。先の呼吸の話しで言うと、吸う呼吸(インプット)と吐く呼吸(アウトプット)とは、相即の関係にある。

◆どちらが因で、どちらが果ということではないが、車輪の両輪のようでなければならない。どちらかが過多であってはいけない。

◆私は、うつ(と一応は診断されている)を発病して数年の間は、全く本も読めなかったし、文も書けなかった。「読む」と「書く」とが、曲がりなりにも「サイクル」となったと感じているのは、ここ3年くらいのことだ。

◆インプットすなわち、読むことに関しては、

・2010年 5冊

・2011年 1冊

・2012年 8冊

・2013年 15冊

・2014年 21冊

・2015年 76冊

・2016年(11月25日現在) 75冊

と、この2年が顕著な伸びを示している。

◆これについての理由はよくわかっていない。

◆アウトプットに関するデータがないのが、痛し痒し。

◆あれれ、こんなことが書きたかったんだっけな??

◆そうそう、今回はどんなことをブログに書いていきたいかを書くつもりだったのだった。

◆それについては、「ブログに書きたいこと」とでもして、今度また書いてみよう。

 

f:id:pinecone0316:20161126015836j:plain