読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上機嫌でいこう。

本とか、音楽とか。本は新書を読むことが多く、音楽はクラシックやサウンドトラックを中心に。映画やDVDも好きで見ています。

きのうきょう:そういえば、忘れていたこと

きのうきょう 振り返り

◆試しに「だ・である」調に戻してみる。

◆そういえば、19日は機種変で池袋に出かけたことの他に、大事件があったのを忘れていた。

◆忘れていたというより、体調が落ち込んで書けなかったということ。

◆池袋に行っていたのは、12:30頃から16:30頃。その間に、上の階の女性の部屋に空き巣が入ったということだった。

◆日が暮れてから、何やら表で人が出入りしている声がしていた。引っ越しなのかなと思っていたが、あまりにうるさいので外に出てみた。

◆すると、何人もの人(概ね男だ)がいて、一人の女性に応対している。お隣りの奥様も出てきて、「何かあったんでしょうか」。

◆少し立ち話をしていたら、どうやら「空き巣」らしいことがわかった。何てこった!

◆部屋に戻ってしばらくすると、警官が訪ねてきて、何時頃から部屋にいたかとか、物音や話声はしなかったかなどについて聞かれた。

◆収入についても聞かれたが、「そんなこと必要ですか」「じゃあいいです」「なら、最初から聞くなよ(心の声)」。

◆女性の出かけた時間は、私の記憶とほぼ一致していた。女性の不在と、私の不在がほぼ同じ時間帯だった。これが私の在宅の時間帯だったら、刃傷沙汰になっていたかもしれない。そう思うとゾッとする。

◆しかし、私が不在にしていたせいでこんな事件になってしまったのではないかと、いらぬ自責の念に襲われた。

◆そう言えば、あの大震災の日にも、部屋に女性を招き入れていた最中に地震が発生したので、その彼女を招いていなかったらこんなことは起こらなかったのではないかと思ってしまうのだ。

◆このあたりは、カウンセリングで解きほぐしていかないといけないと思う。

◆数日体調が悪かったので、書くのが今日になってしまったが、被害にあった女性には、心からお見舞い申し上げたい。

 

f:id:pinecone0316:20161225173516j:plain